審美歯科|行田市の歯医者|噛み合わせ・痛くない治療・歯周病

行田市の歯医者なら和田歯科医院 入れ歯・義歯・インプラント

0485532384

審美歯科

審美歯科の紹介及び考え方

審美歯科の紹介及び考え方

私たちの口腔内は、からだの一部です。からだ全体との調和が治療の基本的な考えですので、ひとつの捕綴物を選ぶときには、「捕綴物は人工臓器であり、かけがえのないもの」という考えが最も重要です。調和には、歯一本一本の機能、隣の歯との調和、対合する歯列との噛み合わせ等、重要な要素があります。

また、捕綴物の素材・強度・対磨耗性・体にやさしいか・快適か、そして自然感(美しさ)があるかどうかが判断基準になると思います。これらの要素を全て含んだ捕綴物は、現在、保険の範囲では選択することはできません。また、保険適用外の捕綴物は高価と思われるかもしれませんが、私たち歯科医療界では、歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士、また医院で働くスタッフにより細心の注意を払い、一つ一つ手作りで上記の条件をクリアーすべく努力をしています。

そして、その料金は歯科医療チームの技術代・素材代およびアフターケア代です。以上の事から、あなたの口に入る捕綴物をご紹介させていただきます。

院内技工について

補綴物の完成度を上げるには院内技工が絶対的に有利です。細かなステップを手を抜かないことで最終補綴物の完成度を上げることもできます。院内技工であれば技工士自らが患者さんの口腔内を見ることが出来るので、セラミックなどの微妙な色あわせが出来るのも大きなメリットです。

詳細はこちら

硬質レジン前装冠

  • 硬質レジン前装冠

    治療前

  • 硬質レジン前装冠

    治療後

  • 硬質レジン前装冠

    数年後

特長 硬質レジン前装冠は金属(パラジューム合金)で裏装し、硬質のプラスティック(レジン)で前装する捕綴物です。保険の範囲で出来、費用も保険の負担金のみです。
欠点 硬質のプラスティック(レジン)ですが、耐久性に問題があります。歯ブラシ等により、すり減ることが考えられます。吸水性があり、変色の可能性があります。また、かみ合せにより一部金属が見えることがあります。

メタルボンド(金属焼付ポーセレン)

  • メタルボンド(金属焼付ポーセレン)

    治療前

  • メタルボンド(金属焼付ポーセレン)

    治療後

特長 金属キャップにセラミックスを焼付けた捕綴物です。あなた自身の歯の形・色・歯ならびを再現し、口の中にマッチした自然感のある健康な口元を表現できる捕綴物です。
欠点 セラミックスですので、ごくまれに破損することがあります。

オールセラミックス

  • オールセラミックス

    治療前

  • オールセラミックス

    治療後

特長 まるで自然歯と言われています。自然歯のように光に反応し、内部から深い透明感を備えた輝くクラウンです。セラミックスを鋳造して制作します。歯肉にやさしく、天然歯に堅さも近く、ナチュラルな完成度は完璧な審美性を望まれる方には最適です。
欠点 残念ながら単独冠のみの使用になります。

ラミネートベニア

  • ラミネートベニア

    治療前

  • ラミネートベニア

    治療後

特長 ラミネートは「薄い」、ベニアは「貼り合わせる」という意味で、爪の厚さ程度に歯の表面を削り、セラミック製の板を貼り付ける方法です。自然な歯と見分けがつかないほどに色も自然感も本物のように仕上がります。歯の表面のエナメル質しか削らないため、痛みはほとんどありません。
欠点 症例が限られる。変色の強い歯には使用できない。かみ合わせの悪い人には出来ない。

歯のホワイトニング

  • 歯のホワイトニング

    治療前

  • 歯のホワイトニング

    治療後

特長 歯の着色は先天性のもの、薬物、損傷によるもの、食生活や加齢の影響など様々な原因でおこります。ホワイトニング剤による歯の漂白は、歯に内在する有機成分を分解漂白して、歯の構造や歯質を変えずに安全に歯を白くします。

インレー

  • インレー

    治療前

  • インレー

    治療後

ある程度むし歯の範囲が大きくなると、強度や技術的な問題から、むし歯を含めやや広範囲に歯を削って、その型をとり、技工操作で詰め物を制作します。詰め物の材料は金属やポーセレン、ハイブリッド、セラミックスなどがあります。

ハイブリットセラミック

ハイブリットセラミック

セラミックと樹脂、双方の長所を併せもった材料。天然歯のエナメル質に近い硬度を備えた新素材です。かみ合う歯にやさしく、セラミックのように美しい素材です。

接着ブリッジ(固定式)

  • 治療前

    治療前

  • 治療後
  • 治療後

    治療後

接着ブリッジは、通常のブリッジと同じように、歯を支えるために隣接した歯を使いますが、土台となる歯の切削量がとても少ないのが特徴です。歯を削る量は1㎜前後とふつうのブリッジに比べてほんのわずかです。

症例

ラミネート

白い斑点を目立たなくしたい

  • class=

    治療前

  • class=

    治療後

すきっ歯を治したい

  • class=

    治療前

  • class=

    治療後

歯のすきまをなおしたい

  • class=

    治療前

  • class=

    治療後

メタルボンド

歯を白くしたい

  • class=

    治療前

  • class=

    治療後

オールセラミック

歯を白くしたい

  • class=

    治療前

  • class=

    治療後

ラミネートべニア

小さい歯が気になる

  • class=

    治療前

  • class=

    治療後

歯のホワイトニング

  • class=

    治療前

  • class=

    治療後

インレー

  • class=

    治療前

  • class=

    治療後

  • class=

    治療前

  • class=

    治療後

ページトップへ