歯周病ーテスト|行田市の歯医者|噛み合わせ・痛くない治療・歯周病

行田市の歯医者なら和田歯科医院 入れ歯・義歯・インプラント

0485532384

歯周病

歯周病とは

歯周病

歯周病とは、歯と歯茎の間にから入った細菌(歯垢・歯石等)が、歯肉に炎症を引き起こし、さらに歯肉の中にある歯槽骨(歯を支えている骨)を溶かしてしまう、これが歯周病(歯槽膿漏)という歯ぐきの病気です。
歯槽膿漏を含む歯ぐきの病気は、世界で一番広まっており、世界人口の約70%が何らかの歯ぐきの病気に侵されています。
さらに約9億人の人々が深刻な歯槽膿漏に悩まされています。

歯周病と思われる症状

  • 「息がくさい」とよくいわれる
  • 軽く歯ブラシをしたり、硬いものを食べたときに出血する。
  • 何度か歯ぐきが腫れたことがある。
  • 食べ物が歯にはさまりやすくなった。
  • 自然に歯がぐらぐらと動き出す。
  • 歯が移動して位置が変わる(矯正治療中などは除く)
  • 歯の根の部分が露出しては全体が長くなったように見える。
  • 朝起きたとき、口の中がねばねばする。
  • 歯ぐきがかゆくなったり、痛むことがよくある。
  • 歯が浮いた感じがする。

※上記の項目が1つでも当てはまる場合、歯周病の疑いがあります。
入念な口の中のケアに取り組んでください。また、歯周病治療を行っております。当院スタッフにお気軽にご相談ください。

歯周病になるとどうなる?

歯がなくなるだけでなく、糖尿病・感染性心内膜炎・心臓血管疾患・骨粗鬆症・肺炎・低体重児早産等の病気にかかり易くなります。また、痴呆症が進行しやすくなり、運動能力も著しく低下します。歯周病の脅威は、口の中だけに留まりません。

歯周病の自覚症状

歯周病の初期の段階では歯を磨く時に血が出たり、歯茎がムズムズするといった?症状しかありません。
しかし、さらに進行すると歯がグラグラしてきたり、歯並びが悪くなってきたりします。ほとんどの人は、この段階になってようやく気が付きますが、ここまで症状が進行すると手遅れになるケースが大部分です。違和感を感じたらできるだけ早く診察に来てください。

歯周病治療

「歯周病は治らないの?」と思われて、あきらめられている方も多いのではないでしょうか?確かに症状が進行しすぎると抜歯するしかないケースもでてきます。ですが歯槽膿漏も適切な診断と治療をすれば、かなりお口の状態をよくすることが可能なのです。無理だとあきらめずに、治療を続けることが大切です。

・軽度の歯周病治療の場合
徹底したブラッシング(歯みがき)、スケーリング(歯石取り)を行います。また歯周病は細菌感染なので、その細菌を検査して調べます。そして歯周病原因菌にあった抗生剤を投与します。

・中程度・重度の歯周病治療の場合
むし歯の治療、ブラッシング・スケーリングを行い抗生剤を投与します。また場合によっては外科手術を行い膿を外に出し、患部を切除することもあります。

歯周病のメカニズム①~歯垢と歯石

歯周病の原因は「細菌」です。

歯周病とは写真のような細菌が引きおこす病気。「歯垢(プラーク)」は細菌のかたまりです。歯垢はやがて「歯石」となり最近の格好のすみかとなります。こうした細菌を減らしたり、細菌が増えにくい環境をつくることが歯周病治療の基本です。

・歯垢(プラーク)はただの食べかすではありません。
歯の表面についている、黄白色でねばねばしたものが歯垢です。プラークとも呼ばれます。ただの食べかすだと思われがちですが、実際は細菌のかたまりです。わずか1mgの歯垢に数十億もの細菌がいると言われています。この細菌が、むし歯はもちろん、歯周病の原因になります。ブラッシングによって歯垢をとることがむし歯・歯周病予防の基本とされるのはこのためです。

・歯石は細菌の格好のすみかです。
歯垢がたまったままの状態にしていると、やがて細菌は唾液の中のカルシウム成分などと混ざり、歯石となります。歯石は表面がでこぼこしており、さらなる歯垢や食べかすがそこにたまりますので、細菌が繁殖するのには格好の環境となります。また、歯石は想像以上に硬いもので歯磨きでは除去できません。そのため、歯石ができてしまうと、一気に歯の周りの細菌が増えていきます。

歯周病のメカニズム②~歯肉炎と歯周病

歯周病は「歯肉炎」→「歯周炎」と進んでいき、最終的に歯が抜けてしまいます。

歯は図のように「歯槽骨(しそうこつ)」と呼ばれる骨に支えられており、その周りをやわらかい「歯肉」がおおっています。

・歯肉炎(しにくえん)とは?
歯石ができると細菌がどんどん繁殖しますが、やがて最近は毒素を出して歯肉を侵しはじめます。すると、歯肉が炎症をおこし、赤くなったり腫れぼったくなったりします。これが「歯肉炎」です。
「歯肉炎」は歯周病の初期段階にあらわれる症状ですが、自覚症状が少ない場合が多く、気付かずに放置しておくと、やがて「歯周炎(ししゅうえん)」へと進行していきます。

・歯周炎(ししゅうえん)とは?
歯肉が炎症をおこすと、歯から歯肉がはがれていき、その中にさらに細菌が入り込んで、歯の根の方へとどんどん進行していきます。
そしてやがては歯を支える骨である「歯槽骨(しそうこつ)」まで到達し、これを溶かしはじめます。これが「歯周炎」です。歯周炎が進行していくと、最終的に歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病による骨吸収

歯周病で歯槽骨が溶ける!

歯は右の図のように「歯槽骨(しそうこつ)」と呼ばれる骨で支えられています。
この「歯槽骨」がさまざまな理由で溶けてしまう事があり、放っておくといずれ歯が抜けてしまうことになります。このように「歯槽骨」が溶けることを「骨吸収」といいます。その代表的な原因が「歯周病」です。

・歯周病菌が歯槽骨を溶かす!!
皆さんもよくご存じのプラーク(歯垢)、これはただの食べかすではなく実は左の写真のような最近の塊です。
わずか1ミリグラム(1グラムの1000分の1)のプラークには、10億もの細菌がいると言われています。実は、この細菌こそが歯周病の原因であり、下図のように、自覚症状がないまま少しずつ歯槽骨を溶かしていきます。

・歯槽骨が溶けると歯が長くなる!?
歯槽骨が溶けてくると、図のように周りの歯肉もだんだん減っていきます。すると写真のようにまるで歯が伸びたように見えてしまいます。

・プラークコントロールと歯石取りを!!
歯周病が進行してしまい歯が溶けてしまうと、元に戻ることはありません。進行を食い止めるため、そして歯周病予防のためには、歯磨きでプラーク(歯垢)をしっかり取り除き、さらに最近の住みかである「歯石」をしっかり取り除くことが重要です。

生活習慣と歯周病

歯周病は生活習慣病です。つまり、毎日の生活が歯周病に大きく影響しており、歯周病にかかりやすくなったり進行を早めたりします。毎日の生活習慣の改善は、歯周病のケアにとってとても大切です。

①食生活を改善しよう

歯周病の原因となる歯周病菌は糖分によってどんどん増殖していきます。糖分のとり過ぎは肥満だけでなく、歯周病のリスクも増大させます。また、間食のしすぎはむし歯の原因にもなるので注意が必要です。
また、歯周病は糖尿病の進行と深くかかわっています。普段から高カロリー、高脂肪、塩分過多な食事を控えるよう、注意しましょう。特に歯周病にはこれが良い!という食事はありません。ビタミン、カルシウム、タンパク質鉄分などを含んだバランスのよい食事を心がけましょう。

②喫煙を控えよう

喫煙の影響は、歯周病にも深く及びます。喫煙者が歯周病になる確率は2倍~6倍にも及ぶという統計結果も出ているほど。しかも、一度歯周病になってしまうと、喫煙者は進行が早く、さらに治療をしても治りにくくなります。歯周病をはじめ、あらゆる健康面に悪影響を与えますので、喫煙はできるだけ控えましょう。

③ストレス・睡眠不足

歯周病の原因は細菌によるものです。つまり、体の抵抗力が下がってしまうと、歯周病菌が繁殖してしまいます。ストレスや睡眠不足は、体の抵抗力を奪ってしまうので、結果的に歯周病にもなりやすく、また、治りも悪くなってしまいます。規則正しく、ストレスの少ない生活を心がけましょう。

歯周組織再生療法

歯周病は歯を支える骨を溶かす病気です
歯周病は歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしていき、最終的に歯が抜けてしまう病気です。
しかも、これまでは、治療によってそれ以上の進行を抑えることが出来ても、一度失ってしまった歯槽骨が再び再生することはほとんどありませんでした。
しかし現在では、歯周治療の技術の発展によって、失った骨の再生が可能になっています。

失った骨を再生させる方法は主に2種類あります
※いずれの方法も手術が必要です。どんな場合でも再生するわけではなく、お口の状態によって胃は再生できないなあいもあるのでご注意ください。

GTR法

GTR法は歯周病によって骨が失われた部分にメンブレンと呼ばれる幕を覆って空洞を作る方法です。この空洞を作ることによって、時間の経過とともに空洞内に骨が再生していきます。
骨が再生(4~6週間程度)したら、幕を取り除くために再度手術をする必要があります(不要な場合もあります)。

エムドゲイン法

歯周病によって骨が失われた部分に「エムドゲイン」と呼ばれる薬剤を塗って骨を再生させる方法です。薬剤は骨の再生と共に吸収されていくので、GTR法のように再度手術する必要がありません。

歯周病と全身疾患

口の中の細菌は、からだ全体にいきわたる
歯周病は細菌が引きおこす歯ぐきの病気。その細菌の数は1ミリグラム(1グラムの1000分の1)のプラークの中に10億以上いるといわれています。この際きっはお口の中だけでなく、血管、気管などを経由して体全体に影響を及ぼします。

歯周病が引きおこす様々な全身の病気

①心疾患の原因になる

歯周病になると、歯茎が炎症を起こし、ただれた状態になります。ここから口の中の細菌が入り込み、血流にのって心臓まで運ばれ、心臓の病気を引き起こします。特に、細菌性心内膜炎はほとんどがお口の細菌であるいわれています。また、動脈硬化を進行させることもわかってきています。

②糖尿病が進行する

糖尿病になると歯周病になりやすいことは、以前より分かっていましたが、最近の研究により、反対に、歯周病になると糖尿病が進行しやすくなるという結果も出ています。糖尿病にかかっている方は、歯周病にも十分な注意が必要です。

③早産・低体重児の原因になる

歯周病になると早産や低体重児出産のリスクが高くなるといわれています。これは歯周病により歯ぐきが炎症を起こし、この「炎症物質」の中に子宮の収縮を促す物質が含まれているからだと考えられています。また、反対に妊娠すると歯周病が進行しやすいこともわかっています。妊娠中の方は歯周病への注意が必要です。

④肺炎の原因になる

お取りより多くが「誤嚥性肺炎」という病気で命をなくされています。これは口の中の細菌が気管から肺へと入ることが原因です。食事の際に誤って気管に入ってしまうケースばかりでなく、知らないうちに、だ液などが少しずつ肺へと入り肺炎を引き起こします。歯周病になると口の中の細菌が増えるため、こうした肺炎のリスクがとても高くなります。

かみ合わせ

かみ合わせ不良は、口だけでなく体全体に影響を及ぼします!
下あごは筋肉だけで頭蓋骨(頭蓋骨)とつながっています。つまり、宙吊りの状態です。かみ合わせが悪いと、あごを吊っている筋肉に無理な力がかかりバランスが崩れます。すると、顎だけでなく、頭蓋骨にも歪みが生じ、さらに頭蓋骨から首、肩、腰へと、最終的には全身のバランスが崩れてしまいます。消化器官に影響することも!
また、かみ合わせが悪いとしっかり噛めないため、むし歯、歯周病になりやすいだけでなく、消化器官にまで影響を及ぼします。

かみ合わせ不良による様々な症状

ただし、必ずしもかみ合わせが原因でない場合もありますので、慎重な判断が必要です。

①むし歯・歯周病

かみ合わせが悪いと、食べかすやプラークがたまりやすくなり、むし歯や歯周病の原因となります。

②食いしばり・歯ぎしり

きれいに噛み合ってないため、しっかり噛むために力が入ってしまったり、無意識のうちに歯ぎしりなどをしてしまいます。

③胃腸への影響

しっかり噛めないまま飲み込むことになり、胃腸などの消化器官に負担をかけてしまいます。

④頭痛・めまい・目の疲れ

かみ合わせが悪いと、あごを支える筋肉にストレスが生じ、頭部全体に影響を及ぼします。

⑤肩こり・腰痛・背中の痛み

頭部がバランスを崩すと、関連して首、肩、腰、全身へと影響が及びます。

⑥精神不安定・不定愁訴

かみ合わせが悪いと肉体的な影響だけでなく、さまざまな理由で精神面にも影響を及ぼします。

ページトップへ