一般診療|行田市の歯医者|噛み合わせ・痛くない治療・歯周病

行田市の歯医者なら和田歯科医院 入れ歯・義歯・インプラント

0485532384

一般診療

できるだけ神経を残す治療

神経を抜いてしまった歯は非常に折れやすくなってしまいます。よく噛めた歯は特に負担が大きくなります。木に例えると生木から“枯れ木”と良く似ています。枯れ木はもろく折れやすくなってしまうのです。歯の神経を取ると、とりあえず歯の痛みからは開放されるのですが、再感染を起こすと根の先に膿を持ったりし、歯が折れやすくなります。ですから、歯を長く持たせるには神経をとらないことが1番なのです。

痛みの少ない治療

レーザー治療

当院では患者さんにやさしい最先端のハードレーザー治療を行っております。

  • 1回のハードレーザー治療は、短時間で終わります。
  • 症状によっては少々の麻酔をかけて治療します。
  • ハードレーザー治療なら、出血も殆どなく、傷痕も残りにくいほか治りも早くなり、治療後の痛みも殆どありません。

ハードレーザーを使用した治療例

虫歯 ハードレーザーで歯の中を殺菌・消毒し、更に虫歯の程度によってはレーザーのみで虫歯を除去できます。治療後の痛みを和らげることもできます。
歯周病 歯周病を治療中の患者さんでも、レーザー治療を併用することで治りが早くなります。ハードレーザーで歯肉を切って膿を出すと共に殺菌効果によって治りを早くします。
歯周病 ハードレーザーで痛みやしみることを防ぎ、同時に歯の神経を保護します。レーザー治療はその他様々な歯科治療に応用されています。

エイクレス

麻酔注射や痛み止めを使用せずにエイクレスという機械を使って痛みを軽減しながら治療を行う方法です。

無針注射(シリジェット)

無針注射器(シリジェット)は針を使用せずに麻酔が行える注射器です。患者様から針を刺す痛みと恐怖感を取り除いてくれます。高圧力のジェット噴射で麻酔薬を浸透させる麻酔法です。

Oリングテストとは? ― 材料の適合を調べる ―

以前虫歯の治療に来られた患者様にある材料を詰めたのです。その直後、患者様が涙を流しながら「歯が痛い」と訴えられました。 もしかして、詰めた材料が患者様に合わないのではという思いが浮かびました。そこで使用した材料を“Oリングテスト”で調べました。判定はやはり”不適合”でした。

更に様々な材料を調べ、患者様に適合した材料を見つけ歯に詰めたところ、即座に痛みがとれ患者様にも笑顔が戻りました。こういう経験から可能な限り材料のテストをしています。特に深い虫歯の治療には重要となります。深い虫歯の治療の際は麻酔をして治療することが多いので、適合していない材料を用いても麻酔が効いている間はわかりません。

麻酔が醒めると、さあ大変です。想像したくもありません。痛みは相当なものだと予想します。特にアレルギーのある方は材料を調べておかないと、大変なことになります。

O-リングテストのしくみ

人間の体には、自分に今必要なもの、体にいいものを察知する能力が備わっています。一番簡単な方法は、「O-リングテスト」です。 これは、大村恵昭博士が考案し、1993年にアメリカで特許を取得した方法で、キネオロジー(運動生理学)の原理を応用したものです。

筋肉には自分の体にいいものに触れると力が強くなり、悪いものに触れると力が弱くなる性質があります。この「O-リングテスト」をもっと簡単に使いやすくしたのが、私の長年利用している「船井式指テスト」です。二人でペアになり、一人が利き手と逆の手にテストしたい食品を持ち、利き手の親指と人差し指の先をくっつけて、思い切り力を入れます。丁度親指と人差し指で、三角形を作る要領です。

もう一人は指の間に出来た空間に左右の人差し指を入れて、外側に引っ張って指先を離そうとします。このときに簡単に外れるようだったら、テストしたいもの(利き手と逆の手に持った食品など)が筋肉の力を弱めているので、体によくないものだとわかります。 反対に、指先が離れないようなら、持った食品などが筋肉の力を強くしているので、体にいいもの、いま必要としているものと考えてもそんなに間違いはないでしょう。

―「幸せ」の基本 船井幸雄著作より一部抜粋―

小児歯科

小児歯科

”子ども大好き”女性歯科医師が診察しています。 乳幼児から小中学生も楽しく治療に通ってください。

口腔外科

口腔外科

口腔底癌、舌癌を含む口腔内の病気の検診をベテランの口腔外科専門医が担当します。 歯茎の中に入ったり、横たわっている”難しい親知らず”も短時間(一般の1/2~1/3)での抜歯が可能で、患者さんの負担を大幅に軽減します。

歯周病治療

歯周病治療

できるだけ歯を抜かずに個人に合わせた適切な治療を行います。また、一生自分の歯で噛むためには、予防治療はとても重要です。当医院では重症な患者さんには、歯周病認定医が治療を担当し、歯科衛生士による歯磨き指導やクリーニング、メンテナンスを行っています。

根管治療

  

根管治療(歯の根の治療)とは

根管治療とは、血管や神経が複雑に走行している「歯髄」(歯の神経)や以前のつめもの(充填材)を除去して洗浄することで細菌を取り除き、更に形を整えて再度充填材で密封させる治療法です。歯の中が虫歯菌などに侵され放っておくと、重症化する場合があります。

また、痛みなく進行し気付いた時は抜歯しか選択肢がないという時もあります。その様な事態にならないようにしっかりとした根管治療を受ける必要があります。歯の中は「根管」と呼ばれる管状になっており、根管治療では、この中をきれいにしていきます。

しかし、根管はわずか数ミリしかなく、しかも複雑に入り組んでいます。しっかり細菌を除去し、再発しないように詰めるには根管の状態によって治療に回数が必要になることもあります。治療を行い痛みがなくなったからといって途中で治療をやめてしまうと、細菌が再び繁殖します。

歯の神経をとってしまうため痛みが出ないこともありますが、やがて歯根の先に膿がたまり、顎の骨が溶け、ひどくなると抜歯になることもあります。お時間がかかることもありますが当院では最後まで治療を受けていただける様、ご案内しております。

根管治療にはラバーダムを使用しております。ラバーダムとは治療する歯の周りに張る「薄いゴムの膜」のことです。マイクロスコープを用いて、より確実で精度の高い治療を行いますが、細菌はどんな細かな隙間からも進入し再度感染や炎症を起こさせます。

そんな危険性をより少なくするためにラバーダムを使用します。
実際の治療は以下の様に行われます。

マイクロスコープによる治療

驚かれるかもしれませんが、従来の根管治療において歯科医師は歯根の内部が「見えない」ため、見えない部分を「手探りによるカン」で除去しておりました。そこで、当院では、より精密な治療をおこなうために、マイクロスコープ(歯科用実体顕微鏡)を導入した治療を行っています。

マイクロスコープによる精密治療を行うことで最大24倍程度に拡大して見ることができ、肉眼では見えない部分まで拡大して確認できるため、正確な診査・診断ができ、歯質の除去を最小限にとどめながら精密な治療ができます。

歯の根の問題で何度も根管治療をやり直した経験をお持ちの方は多いと思われます。また、最終的に抜歯を余儀なくされる場合も少なくありません。そこで、歯を大切に保存する為にも歯の神経の治療、根管治療が必要な場合はマイクロスコープを使った精密根管治療により原因となる感染物質を可及的に取り除き治療の確実性、成績の向上を図れます。

パソコンモニターでご自身の口腔内の様子を確認してもらうことも可能です。

当院では、現在、マイクロスコープによる治療は毎週金曜に行っております。

ページトップへ